楓の色づく頃に

双極性障害。AC。休職中。永遠のセクシャリティ迷子。乙女向け、男性向け両刀オタク。別名「麻崎(アサキ)ユメ」。

例の事件で思い出したこと。

5才児が殺された事件で思い出したことがありました、かえでです。

 

トラウマある方は回れ右でお願いします。

 

 

うちの父親は普段は優しいけど、酒を呑むと暴れるタイプの人間で、いつブチギレるか分からない人でした。

 

何個グラスやお皿が割れたか分からないし、壁にも穴が開いていました。

 

手は出さなかったし、母親に怒りをぶつけていたけど、小さい子供からすれば十分あれは精神的虐待だったと思います。

 

20歳過ぎて父親に「あなたから殴られたことはなかったけど、深夜に大声を出されたり、食事中にいきなりキレることは、私にとっては十分な虐待だったと思っている」と伝えたことがあります。

 

だいぶショックを受けていたようですが、自業自得だと思っています。

 

 

小学校2年生くらいのとき、父親のブチギレが酷かった時、母親が離婚を考えているという話を聞いて、兄(その頃はまだ私と仲が良かった)が手紙を親に書くというので一緒に書いたこと、それを今回の事件のニュースを見て思い出しました。

 

皆あのニュースを見て、かわいそうとか、泣いたとかの感想が多かったんだけど、私は全然そういう感情は湧いてきませんでした。

 

「ああ、そういえば私も同じようなことをしたな」と思い出しただけです。

フラッシュバックも起きませんでした。大人になってからだいぶ、昔のことを思い出して、噛み締めて、飲み下したからかな。

 

 

本当に愛情があるのは、親の方ではなく、子供です。

 

子供から親への愛情が無条件の愛です。

 

父親からは妻代わりの愛情を得る対象だったり、母親からは精神的なサンドバッグにされていました。

 

私はそういう環境で育ちました。

 

 

私が中高の頃は、父親は家に寄り付かなくなり、兄と母親は依存しあって、私の陰口を叩くようになりました。

 

その頃のトラウマで、会社にいた頃、誰かが遠くで話していると「自分を悪く言っているのではないか」との被害妄想がありました。

 

病気を発症してからは特に顕著でした。

 

今もそれは残っているので、その部分は、これから癒していく課題かなと思っています。

 

 

親から受けたトラウマは根深いもので、そういう事件を耳にすると、また新しく思い出すことがあったりして、また一歩前に進めるなって思えます。

 

その時どんな気持ちだったのか、本当はどうして欲しかったのか、その黒い部分を見つめることで、そのトラウマは消えていきます。

 

カウンセラーさんを利用することもあるけど、私はだいたい自分を睡眠状態にして、その頃のことを追体験して、感情をどばどば出して、思いグセや認知のゆがみを取ることが多いです。

 

普通の真似しないでね、危ないからw

私は特別な訓練を受けていますw

 

 

あのニュースを見てかわいそうとか、悲しいとか、ひどいって思える人は幸せな家庭で育った人なのかなと思いました。

 

親は子供が可愛いのが当然というのも、仕事してたときにおばちゃん社員によく言われていましたが、そういう家庭ばかりではないんだけどなぁと思って聞いていました。

 

あのニュースを見て、私が思ったのは、もっと早くに母親に「離婚してもいいんだよ」って言ってあげるべきだったなってことです。

私を追い出してすぐ離婚したから、ああ良かったねとは思ったんですけど。

 

実際良かったねって母親には言いましたw

 

きっと私が家を出てからも、母親へのブチギレは治らなかったのでしょう。

 

 

一家離散という状況にはなってしまいましたが、私はこれで良いと思っています。

 

お互い干渉しない距離で、平和を保てる距離。

 

それが今の私の家族の状況です。

 

今がしあわせだから、このまま平和でいられたらいいなって思います。