読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楓の色づく頃に

セクシャリティ迷子。福祉職。ときメモGS3プレイ中。オタク度上がり中。糖質制限MEC食実践中。

男女差って面白い。

セクシャルマイノリティGID)の交流会に行ってきました。

当事者の話を聞きたかっただけなんだけど、すごく励まされて帰ってきました(*´∀`*)MTFさん、好きだなぁ。話してて楽しい。楽。サッパリしてるし。皆が皆そうじゃないけど。趣味とか好きなことがある人、つまり自分の軸がしっかりある人はかっこいいんだ。女性だとこうはいかんのですよねぇ。何故なんだろうなぁ。オタクの種類が違うのかな。それもいつか書いてみよう。

 

社会人になってから女性とばっかりつるんでたから、やっとホームに帰ってきたって感じがしました。男性の中に居るほうが楽だったってことを思い出しました。元々私は女性とつるむ人間じゃないんですよ。何故か私は職場に男性ばっかり呼ぶみたいで、今も介護とは思えない男女比なので、日常は楽っちゃ楽なんですけどね。

 

FTMさんと話しててそっかーって思ったのが、元の性別の特性からは人は逃げられないものなんだそうです。

 

女性は保守的というか、まず否定から入る人が多い。で、男性はまずやってみて、そこから初めて否定に入る。という話をしてました。

MTFさんに人生相談すると「ああすればいいじゃん」「こうすればいいじゃん」ってアイデアが沢山出てくるんですよねー。でも女性の私はまず頭で考えるんですよ。先をある程度読んだり、現実的な部分を気にしながら、分析して、失敗しないように行動する。だからあんまり失敗ってしたことないんですよ。リスクをあんまり取らない。現実的っていうか、保守的。

だから悩み出すと、ひたすら思考して、ループして、腐ってく。そこで誰かが「いや、さっさとやってみろよ。やってから考えれば?」ってサラッと(ここポイント)言ってくれると、「あ、そっか」って思える。

そう思えなくて、やっぱりああじゃないこうじゃないって考えて、考え尽くして、限界まで煮詰まって、えいってあんまりリスクの高くない行動をする、というパターンもあるんだけどね。むしろそっちの方が多い。

 

よく男性は狩猟し、女性は家を守るって言いますが。狩猟の時によく考えてたら、こっちがやられるかもしれないですものね。衝動的に行動してたら、生活は営めないし。

 

あと女性は和を重んじるって言われるけど、でも自分の意見を持っていれば別にその和の中にいなくても生きられる。自発性を発揮したら、頼りにされる(依存される?)か、表面だけ合わせて裏で悪口言われるかくらい。あとは放っておかれますねw私は割合そうでしたw

皆でクレープ食べに行ったとして、一人だけ甘くないクレープを食べても、別になんてことはない。一緒にクレープ屋に行ったというだけで和は保たれているからね。

 

でもどうやら男性は「お前、なに一人だけ甘くないやつ頼んでんだよ-」とか言われる。っぽい。からかい。それが発展するといじめになる、というパターン。

「男のくせに○○だなー」「なよってんじゃねーよ」とか、らしい。それでも自分を貫いていける強い人もいるけど。そこは女性社会と一緒か。

 

女性は「私今日はカレーの気分だから」って断っても、だんだん誘われなくなるだけで、別にいじめられない。いじめられるのは、気が弱くて、一人で行動出来ない人。一人で行動出来る人は、基本いじめられないです。報復されることが予測できるので、そのリスクは取らない。陰でいっぱい言われるけど、そんなん聞かなきゃいいだけ。って考えられるのが自分の図太いところだな。こうやって強いから、なかなか弱い人の気持ちを慮ることが出来なくて失敗するんだ、私は。自覚はしてるけど治らないんだよー。゚(゚´Д`゚)゚。

 

でも男性だと、誘われて断るといじめられる対象っぽい。こうやって文章にしてみると、この細かいニュアンスを表現するのが難しいな-(´・ω・`)

なんだろう?我を通すとハブられるって感じ?運動部をイメージすると良いのかも。「先輩が言ったことはつべこべ言わずにやれよ」みたいなね。

男性は暴力(権力とかも含む)が関わってくるから大変だよなーと思う。男性からしたら「色んな人に良い顔したり、良いと思ってもいないものを褒めなくちゃいけなくて、女子は大変だな-」と思うのかもしれないけど。

 

 

あと男性と付き合うと思うけど、別れてからも優しいよね。てか、男性は本当に優しい生き物だよね。女性は薄情だからw情を結構大切にするよなぁ。

その男性の優しさにいつも甘えてて、すんませんって思う。でもすごく心地いいんだよな。小さい時の父親との関係が良かったおかげだな。

一度味方になってくれると、なかなか崩れないじゃないですか。失敗しても、次頑張れとか言われるし。失敗を繰り返す人に対しても、女性は平気で切り捨てるけど、男性は悪意がなければ何度も許すよね。父性なんだよなぁ。社会性の脳なんだよなと思う。

逆を言えば、結果出すまでしつこく言われるってことなのかもね。うーん。ここらへんは上手く自分の中でまとまってないや。

 

あれ?私、書きながら男性性が好きだなって思った。新しい発見。

そして女性性が嫌いかもしれない。自分の女性性、女性らしい行動パターンが嫌いなのかもしれない。だから女性はFTMか、それに近い人しか好きにならないのかもしれない。

 

あー、また性指向迷子のループにハマりそうだw

 

でも見た目は女の子が好きだ、うん。だから男の子は目がパッチリ、肌すべすべ、体毛薄め、ちょっと肉付き良いか筋肉のない子しか付き合ったこと無いしな。皆女装が似合いそうな人ばっかだったし。最近は小柄な子みると、かわいいなと思う率高し。

 

あれすね。私自身が自他の女性性と上手く付き合えてないってことなんだよね。学生の時、男子とばっかりつるんでたし、女の子のグループ制度にも参加してなかったし…おっと、性自認の迷走もそこまでだw

 

_| ̄|○

 

結局、母親との関係に行き着くのかもしれないね。

カルトみたいなもんで、洗脳されてきたからね。その洗脳がまだ解けきれてないんだろうな。共依存という洗脳。劣等感という洗脳。だいぶ解けてきたけど、これからも続いていくんだろうな。まぁ、取り組み始めて…まだ一年ちょっとだからね。

 

またアダルトチルドレンセミナー行かないとなー(´・ω・`)

 

未だに母親の夢見るんですよ。私は実家に帰ってて、でもとにかく私は自分の家に帰りたい。でも母親が遠回しに帰そうとしない。「ここにいれば安心よ、ご飯食べていくでしょう?」とか「親を置いていくなんて薄情だ」とか色々な手を使って、精神的に追い込まれるの。

そして時間が経てば経つほど自分の家が朽ちていく映像が見えて「早く帰らなきゃ!」って焦るのね。でも何故か家が青梅の先くらいで「乗り換えも大変でしょう?ここから会社に通えば良いわよ」と…ホント実家出れて良かったwきっと、実家との関係が続いてたら、そのまま現実になってるぞw

 

散々男女差について考えてみたんだけど、母親に対しての不信感がそのまま女性性への不信感につながっているんだなということに気付きました。実になって良かったw

 

じゃあ私は今後、どうやってこの問題を見つめていこうか?

まずどのような洗脳を掛けられていたか、そのパターンを知ること。

そして無意識下に沈んで、自覚できていないその洗脳を解くこと。

きっと様々な行動を制限しているので、具体的な行動に移すこと。

 

うむ。今日もよく3000字書きましたよっと。

 

3000字を2日に1回書いたら、すごいことになるねw

週に3日3000字書いたら、9000字。400字詰め原稿用紙22.5枚分ですよ。1ヶ月で90枚分。かっくいー。

 

…寝ます(-_-)