楓の色づく頃に

双極性障害。AC。休職中。永遠のセクシャリティ迷子。乙女向け、男性向け両刀オタク。別名「麻崎(アサキ)ユメ」。

職場が面倒になってきたけど逃げたところで自分は変わらない。

言いたいことはタイトルで、以上!って感じ。

 

鎌倉日帰り旅行から帰ってきて、ビール飲みつつこんばんは。

 

日常から離れると、ちょっと視野が広がって、自分が見えますね。

職場の人の個人的感情に振り回されるのがめんどくてめんどくて。

 

私はお前らのカウンセラーじゃないのよー!私は介護士としてここに雇われてるんだから、お前らもちゃんと介護せーよ!となー。

そして介護士として仕事する私を邪魔するなと。

 

疲れた…orz

 

介護無知の上司が介護以外のどーでもいいところに力を入れてて、それを何度指摘しても直らなくて辛い。

その上司と同じようなタイプがどんどん集まってきてて、介護を勉強する気がなくて、「これをしなきゃ死んだり、寝たきりになるよ」ってことを伝えたいのに聞く気がないやつがいてムカつく。

根本的にやる気ないのか、金「だけ」のためにしか仕事しないやつがいて迷惑。

 

あーもう!

死ぬまでの間に出来るだけ自分らしく生きて欲しいってだけなのに、それをお手伝いさせて欲しいだけなのに、そんなシンプルなことがどうして難しいんだろう。ただ介護を普通にしたいだけなのに。

 

なるべく口からご飯を食べられるように。

なるべくオムツじゃなくてトイレで排泄出来るように。

なるべく自分の足で立てるように。

出来る限り自分らしさを保ち続けられるように傾聴して。

 

最低限の介護を、したいんです。

バスケが…したいd(ry

 

こういうのって会社に相談したって意味ないんだよなー。

どこに言えば良いんだろう。

どんな解決策があるんだろう。

 

そもそも何が問題なんだろうか。

どこで私はつまづいているんだろう。

何をがんばろうとしていて、辛いんだろう。

何をしっかりしようとしていて、苦しんだろう。

 

 

遅ればせながらDr.倫太郎のドラマ見てます。カウンセラーのドラマ。

 

見ながら、自分の中に生まれたヒント、というか直感かな?

 

「自分で自分のカウンセリングをしよう」

 

たぶんね、今までの自分、つまり新人、新卒と言われる自分としての仕事のやり方を変えなさいってヒントが今の状況なんだよなー。

今までのやり方じゃ上手くいかなくなってきたんだよーって。

 

それは恋愛でもおんなじ。

 

自分の理想や美学が、自分がキラキラするためのものなら良いんだ。

それで今まで成長してきたんだ。

 

壁にぶつかったってことは、何かを変えるきっかけでしかないんだ。

私は何を我慢しているの?

頭ではどんな理想を描いているの?

それは自分らしい在り方なの?

 

お客さんに求めていることは「最低限の人間らしく生きる生活」と「自分らしさをなるべく保つ」こと。

これは、もしかしたら私自身に必要なことなのかもしれない。

ホントは自分が欲しいものなのかもしれない。自分らしさを尊重されたい、のかもしれない。

 

我慢して我慢して、自分らしさを否定されて、自分でも抑圧して、聞き分けよくしてきた恋愛。

子供の頃からルールに反しないように全身で注意して、頑張って、燃え尽きて、死にたくなってきた今までの人生観。親への態度。

自分の仕事だけじゃなくて、人の仕事もかぶって、周りの人達のメンタルまでケアして苦しんでいる今の職場での状況。

 

犠牲。

人のために自分をすり減らして生きようとする自分の在り方。

これを根本から変えなさいよ、ってことなんだな。

 

上手くいかない状況には必ず意味がある。

 

そうか。まず自分のケアをしていかないといけないんだ。

 

何度もこの道を通ってきている気がしてならないんだけどw

でもきっと何度でも何度でも挑戦して、一ミリ一ミリ自分を変えていくプロセスが人生なんだよな、きっと。

 

書いてたらまとまった!(゚∀゚)

 

我慢しちゃう自分。自己犠牲が強すぎる自分。

この自分を変えるにはどうすればいい?って沢山自分に質問して、沢山勉強しよう。